おおみや診療所

診療時間

午前/月~土8:30~11:30
午後/火~金14:30~16:00
夜間/火・金17:00~19:30

文字サイズ

バリウムと胃カメラの違いについて

現在、さいたま市の胃がん検診では、バリウムを使った検査(胃透視検査)と胃カメラによる検査(上部内視鏡検査)が選択できます。しかし、どちらを選んで良いか悩みませんか?そこで、その違いについて説明します。最初に胃透視検査についてです。検査の方法は、飲んだバリウムを胃の壁に薄く付着させて、X線を当てる事により胃の形や表面の凸凹を影絵の様に写し出し、ポリープや胃粘膜のシワの有無、病変の大きさ、他臓器との胃の位置関係など胃全体を観察していきます。ただし、胃粘膜の色の変化や極微小な粘膜の変化までは観察することはできません。その為、バリウム検査で要精査となった時は、胃カメラを行います。

次に上部内視鏡検査です。検査の方法は胃カメラを口または鼻から挿入し、小型のカメラで、食道、胃、十二指腸を直接観察していきます。胃粘膜の色の変化や、わずかな粘膜の隆起や凹み、模様のちがいを認識することで、必要に応じて生検(組織を一部採取)を行い、病理診断(顕微鏡診断)する事で、がんの診断ができます。ただし、個人差はありますが胃カメラが喉を通過する時に嘔吐反射を誘発する事があり、抵抗感や苦痛が訴えられる場合があります。しかし、胃カメラ自体の太さが細くなってきている事や胃カメラを鼻から入れる事で、嘔吐反射の誘発が少なくなってきています。

それぞれの検査内容のちがいについて分かりましたでしょうか?どちらの検査にも優れているところはありますが、早期の胃がんは、病変部のわずかな隆起や凹み、色の違いとしてしか認識できないことが多いため、内視鏡による治療が可能な早期がんの発見には胃カメラの方が優れていると言われています。一度、胃カメラによる検査も検討してみてはいかがでしょうか?

(一般社団法人 日本消化器内視鏡学会HP参照)

おおみや診療所 看護師 横田 栄

おおみや診療所

〒331-0047
さいたま市西区指扇1100-2
医療生協さいたま生活協同組合
おおみや診療所
TEL:048-624-0238
FAX:048-622-7570

診療科目:内科
今月の診療体制はこちら

休診日:日曜・祝祭日