ホーム 在宅医療 在宅医療

在宅医療

おおみや診療所の在宅訪問診療

「訪問診療って、ご存知ですか?」

往診というのは、みなさん聞いたことがあると思いますが、訪問診療って聞き慣れないのではないでしょうか? 同じ事じゃないの?と、感じる方もいるかもしれません。
訪問診療はあらかじめお申し込み・契約していただいてから訪問日を決めて定期的に(月2回が基本)ご自宅を訪問して診察を行うもので、往診は体調不良のときなどに臨時で行う予定外の診察です。
在宅訪問診療の対象となる方は、様々な理由で診療所への外来通院が困難となった方です。
例えば・・・

  • 病院・医院の外来に定期通院していたが、身体が弱ってきて通院する事が難しくなってきたとき。
  • がん・老衰などで、残された時間を病院ではなく自宅で過ごしたいと望まれるとき。
  • 病院を退院した後も診療が必要だが、通院が難しいとき。
  • 在宅ホスピスケア(疼痛緩和ケア)を希望されるとき。

おおみや診療所の在宅訪問診療は、「24時間在宅療養支援診療所」として定期的な訪問診療を行いながら健康状態を把握し、定期訪問診療の日以外でも緊急時はいつでもご相談いただけるように24時間連絡が取れる体制をとっております。困ったときは看護師と相談しながら適切な対処ででき、必要な場合は往診もいたします。
在宅医療の最大の魅力は「住み慣れた家で、大切な人や物に囲まれて過ごせること」です。
そのためには、ご本人の療養環境を整えるとともに、介護されるご家族のための支援体制を整えることも必要です。訪問看護・ケアマネージャー・訪問介護・医療機関・行政機関と連携しながら療養生活を支えていきたいと考えています。
「こんな状態だけど、訪問診療にきてもらえるのかな?」と迷ったら、電話でお問い合わせください。

在宅担当看護師    大槻